補綴治療

診療案内

Kデンタルクリニック

〒224-0012 神奈川県横浜市都筑区
牛久保3-3-8セントラルアベニュー102

045-913-4563

診療時間

10:00〜13:00
15:00〜19:30

※土曜は10:00〜13:00まで
休診 木・日・祝祭日

  • スタッフ募集
  • 医院紹介・アクセス

セラミック治療

セラミック治療 イメージ画像保険適用内の詰め物をしたり、金属の被せ物をしたりすることは現在でも行われておりますが、近年では見た目や耐久性などの点からセラミック治療を受ける方が増えてきました。セラミックは天然歯と見分けがつかない程の色と透過性を持ち、水分を吸収しないので変色もありません。

保険適用外の治療ではありますが、しっかりと密着することで虫歯リスクも軽減できますし、長期的な目でみれば十分に価値のある治療です。ここではそのセラミック治療の種類をご紹介します。


オールセラミック

前歯の被せ物として人気のある、オールセラミック。素材のすべてがセラミックでできている被せ物です。自然な透明感・ツヤが出るので天然歯と見分けがつきません。金属を使用しないので、歯肉の黒ずみが出てくることもなく、金属アレルギーのリスクもありません。

こんな方に適しています

  • 歯、本来の透明感・ツヤを再現されたい方

  • 現在入れている被せ物と歯肉の間が黒ずみはじめた方

  • 金属アレルギーの方

メタルボンド

主に奥歯の治療に使用されている、メタルボンド。内側は金属、外側はセラミックでできた被せ物です。歯の色調・透明感に欠けますが、丈夫で長持ちしますので、主に奥歯の治療に使用されています。年数の経過により、被せ物と歯肉の間が黒ずんでくる恐れがあったり、金属アレルギーのリスクもありますが、比較的安価に制作できます。

こんな方に適しています

  • 目立つ銀歯を白い歯へ変えたい方

  • 金属アレルギーの疑いがない方

ジルコニア

セラミックのなかでもっとも硬く、耐久性のある被せ物、ジルコニア。噛む力がかかりやすい奥歯に適しています。ジルコニアの上に透明感のあるセラミックを被せた2重構造タイプと、すべてをジルコニアにするタイプとがあり、治療する部位や予算などによって選択していきます。

こんな方に適しています

  • 目立つ銀歯を白い歯へ変えたい方

  • 金属アレルギーの方

  • 噛む力が強い方

ブリッジ

ブリッジ イメージ画像失った歯の前後に健康な歯があれば、ブリッジが適用できます。ブリッジは橋をかけるように、健康な歯を支えとしながら、連結した人工歯を被せて使用します。使用する人工歯には保険適用のものか、保険適用外のセラミックなどが選択できます。


ブリッジのメリット・デメリット

メリット

  • 違和感が少なく、快適に過ごせます。

  • 手術は不要です。前後に健康な歯があれば適用できます。

  • しっかり噛めるので、充実した食生活を送ることができます。

  • 保険適用の人工歯も選択できます。

  • 装着までが短期間です。

デメリット

  • 両隣の健康な歯を削らなければなりません。

  • 両隣の歯を支えにするため、負担がかかり、歯の寿命が縮まります。

  • 食べカスなどが挟まりやすく、不衛生になりがちです。

  • 保険適用素材のレジンを使用した場合、徐々に変色します。

入れ歯

入れ歯 イメージ画像歯を失った部分の周囲に健康な歯が残っていない、またはすべての歯がない場合は、「入れ歯」が適用できます。種類としては、周囲の歯にバネをかけて使用する「部分入れ歯」と、歯肉と顎に密着させてすべての歯を補う「総入れ歯」があります。


部分入れ歯

人工の歯肉と歯、そして周囲の歯に支えてもらうための「バネ」を必要とする部分入れ歯。保険内診療の場合は、金属のバネとなり、保険外診療ですと、バネの役割を果たすさまざまな歯科素材・治療方法があります。

総入れ歯

人工の歯肉と歯、そして顎の粘膜で吸着させるための「土手」と呼ばれる部分で形成される総入れ歯。保険内診療でおつくりすると素材が限定されますが、保険診療外の総入れ歯ですとさまざまなタイプがあり、より患者さまに合った精密な物をおつくりできます。


入れ歯のメリット・デメリット

メリット

  • すべての方に適用できます。

  • 外科手術を必要としません。

  • 健康な歯を大幅に削ることもありません。

  • 取り外せます。

  • 保険診療内の場合、安価で制作できます。

デメリット

  • バネで支える場合、両側の歯へ負担がかかります。

  • 固定性が弱く、がたつく場合があります。

  • 痛みがでたり、発音がしずらい場合があります。

  • 歯肉が薄くなったりすることで作り直しが必要です。